読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

ブラックOKな消費者金融もある?

ブラックOKな消費者金融など、正規の消費者金融であったとしても考えなくてはなりません。

確かにブラックでも融資を行う消費者金融はあります。

しかしそれには大きなリスクを伴うことも覚えておかなくてはなりません。

 

f:id:cardloan9:20160225231819p:plain ブラックとは?

個人信用情報機関が日本には3社あります。

個人の債務について詳しい契約情報、取引情報などを管理掲載していますが、

ここに「融資しても返済の可能性が低い情報」が記載されていればブラックです。

 

融資しても返済の可能性が低い情報とは・・・

・3か月以上の返済の遅延

・債務整理

・強制解約

・代位弁済

 

融資しても返済をしなかったという実績があります。

消費者金融も銀行カードローンも、クレジットカードでも、

お金を貸すということは返済が大前提にあります。

 

そのため返済しない実績を持つ申込者を審査に通すことはできない、

つまり融資することはできません。

 

↓個人信用情報機関の登録情報について詳しくはこちら↓

cardloan9.hateblo.jp

 

f:id:cardloan9:20160229110007p:plain なぜある?ブラックOKの消費者金融

それではなぜ、ブラックOKの消費者金融があるのでしょうか。

 

もちろん、悪質な闇金業者という可能性は高くなります。

闇金業者はブラックでも融資を行います。

返済を期待していないのではありません。

以下に返済ができない状況にあったとしても、必ず返済をさせます。

どこの消費者金融に返済するよりも先に、闇金を最優先で返済しなければならないと思わせる手段を使って取り立てをしてきます。

 

しかし、正規の消費者金融でもブラックOKとなっていることもあります。

それは「ブラック完全OK」ではありません。

審査によっては債務整理の履歴があっても融資は可能というもの。

 

債務整理をしたことで返済に回すお金が減り、もしくはなくなり、

生活を立て直すことができたという事例は少なくありません。

そんなときに急きょお金を用立てなければならない事情に迫られることもあるでしょう。

過去の債務整理を審査の基準にするのではなく、

あくまでも現在の収入と支出を審査の対象とする独自の審査基準を持っている中小消費者金融では現在でも、債務整理後の融資も可能になっている業者もあります。

 

ただし、3か月以上の返済を遅延している最中であったり、明らかに返済の意思が見られない場合には話は別です。

 

f:id:cardloan9:20160311100500p:plain 中小消費者金融は対面融資が基本

近年、金融業界にもインターネットが一般的になり消費者金融でもインターネット申し込みが主流になりました。

ところが現在もまだ、中小消費者金融では申し込みはネットでも行えるものの、契約と融資は来店が必要になっている業者は少なくありません。

 

そこには、個人信用情報機関に照会し、金属先も確認し、本人確認も行う、

それだけではなく、

対面による「返済する意志」と「人柄」をみるための審査が今でも加えられているのだといいます。