読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

事業主は必ず確認!雇用関係の助成金とは

個人事業主

個人事業主にとって資金繰りは最も大きな問題であり課題でもあります。

実にさまざまな助成金がありますが、「融資」を検討する前に助成金の利用が適正に行えているのかを確認しましょう。

 

f:id:cardloan9:20160315130848p:plain ココは覚えておこう!

個人事業主が従業員を雇う際に受けられる助成金は非常に多くあります。

資金繰りの一つの策として助成金ははずすことができないポイントです。

 

どのような助成金があるのか確認してみましょう。

f:id:cardloan9:20160326110338p:plain

 

厚生労働省が行っている国の助成金だけでもこれほどにあります。

さらに地方自治体にも助成金は用意されています。

事業主が利用できる助成金は非常に多くありました。

これらを活用していたしょうか?

 

f:id:cardloan9:20160315232740p:plain そもそも助成金とはどんなもの?

国や地方自治体から受けることができる支援金であり返済の義務はありません。

 

助成金のほかにも補助金もあります。

助成金は申請要件が満たされており申請内容に間違いがなけば受け取ることができます。

補助金は「補助金の枠」が決められているため、件数もしくは予算が上限に達したところで受付は締め切ります。

 

借りることだけではなく、助成金も十分に活用した上で

最適な融資を検討することが必要になるでしょう。

 

f:id:cardloan9:20160315133522p:plain チェックしておきたい助成金のアレコレ

助成金の申請には期限がある

いつ何時でも申請ができるものではありません。

助成金の申請には期限があります。

「あとから」ということも「すでに着手している」場合でも申請ができないため期限があることを覚えておきましょう。

必ず「助成金該当の行為を行う前の計画」が必要になります。

複雑な申請手続きを滞りなく行い、なおかつ申請期限(1ヶ月~半年程度)があります。

 

併用できない助成金がある

基本的に助成金は併用できないものとして考えておきましょう。

実施する機関が異なる場合には併用ができます。

例えば厚生労働省、経済省、地方自治体などの機関の違いです。

 

複雑すぎる助成金申請準備

用意しなければならない書類は非常に多くあります。

さらに今すぐ作成できる書類ではなく、これまでの用意がしっかりとできていることも重要になります。

多くの場合には事業主が個人で申請するのではなく税理士に依頼します。

 

税理士に依頼した場合の費用は

一般的に助成金の相談は無料です。

助成金の受け取りができた場合、成功報酬として助成金の10%が相場です。

 

f:id:cardloan9:20160315131400p:plain急な資金調達には間に合わない

融資と違って助成金は必要な書類等も多く「お金が必要なタイミングまでの確実な資金調達手段ではない」ことは覚えておかなくてはなりません。

緊急かつ確実な資金調達が必要であれば銀行融資などを検討する必要があるでしょう。