読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

消費者金融や銀行で店舗なし型が増えている理由は?

キャッシングのコツ

銀行には統一金融機関コードがあります。

いわゆる銀行コードです。

日本銀行が0000となっており、都市銀行や地方銀行などにも金融機関コードが決められています。

その統一金融機関コードの中に「新たな形態の銀行」があります。

 

f:id:cardloan9:20160315130848p:plain ココは覚えておこう!

新たな形態の銀行とは

都市銀行、地方銀行や信託銀行などこれまであった伝統的な銀行とは異なり

2000年に創業したジャパンネット銀行がその初めとされています。

主にインターネット専業銀行が主となるのが「新たな形態の銀行」です。

 

インターネット専業銀行とは

原則として店舗を持たずにインターネットや電話でのみ対応をしている銀行です。

店舗がないだけではなく専用ATMも持たないことが大半です。

 

f:id:cardloan9:20160315232740p:plain インターネット専業銀行は不便?

店舗を持たないこと、それがインターネット専業銀行のデメリットとされています。

しかし銀行口座を持っている上で実際に店頭に足を運ぶ機会などどれほどあるでしょうか。

現在はインターネット専業銀行の利用者は増えています。

 

メインバンクのほかにサブバンクとして利用している方、

そもそもメインバンクとして活用している方、

その便利な使い方が把握できれば実はこれ以上ない便利な銀行でもあります。

 

f:id:cardloan9:20160315131400p:plainインターネット専業銀行

さまざまなインターネット専業銀行があります。

口座数だけをみてみるとランキングには入っていないものの、「カードローン」として考えると

非常に優秀なインターネット専業銀行もあります。

 

オリックス銀行も実はインターネット専業銀行。

カードローンの申し込みにも、口座引き落としでの返済でも、オリックス銀行口座が必要ないために

新たに口座を開設しなくても、現在活用している口座で利用ができます。

cardloan9.hateblo.jp

 

f:id:cardloan9:20160315131400p:plainインターネット専業消費者金融

珍しいと思われるかもしれませんが消費者金融にもインターネット専業があります。

それがモビットです。

知名度も高く大手消費者金融のひとつにも数えられるようになったモビットも、

インターネット専業となっており実店舗や専用のATMを持ちません。

cardloan9.hateblo.jp

 

店舗がないことが不便にはならない、インターネットを主に活用している方であれば

むしろインターネット専業のカードローンが便利になるかもしれません。