カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

モビットのメリット・デメリットとは?WEB完結で最短即日借りる方法

以前には三大消費者金融といえばプロミス、アコム、アイフルでしたが、現在は少々事情が違います。モビットの人気が高くなっており、アイフルに変わる消費者金融になる、もしくはなったといえるでしょう。

その理由はいくつかあるものの、やはり「銀行という後ろ盾」の存在は大きなもの。大手消費者金融の中では唯一アイフルが単独運営をしていますが、その他プロミス、アコム、モビットは銀行のグループに属する消費者金融です。

モビット
⇒モビットの公式サイトはコチラ

モビットは

モビットは三井住友銀行グループの会社です。プロミスもまた三井住友フィナンシャルグループと同じ、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社であり、いわばプロミスとモビットは親戚関係にあります。

ココは覚えておこう!

モビットは三井住友銀行グループの会社ではありますが、「三井住友銀行口座を持っていれば便利」ということはありません。事前によく使い方を確認する必要があります。  

モビットのメリットはココ!!

  • 最短即日融資可能
  • WEB完結がある
  • 勤め先への電話確認なし

少々メリットが少ないかもしれませんが、一つずつ確認してまいりましょう。  

最短即日融資可能

平日の14時50分までに振込手続きを完了させていること、それがWEB完結申し込みでの即日融資の条件です。カード申込機に来店ができればその場でカードを受け取りすぐに借入ができるようになります。その際にもインターネットから申し込みを行い審査結果を受けてから来店し、時間の無駄を省きましょう。

WEB完結がある

  • カードありの「カード申し込み」
  • カードなしの「WEB完結」

モビットには2種類の申し込み方法があります。WEB完結で契約をするとカードが発行されず、借入は振込キャッシング、返済は口座引落となりシンプルな使い方ができます。

勤め先への電話確認なし

勤め先確認は書類で行われています。そのため、勤務先への電話確認はありません。  

モビットのデメリットはココ!

24時間借入には対応していない

大きな欠点として便利なはずのWEB完結が24時間の振込キャッシングには対応していません。当日借入を希望する場合には平日の14時50分までに振込キャッシングの手続きを完了させておく必要があります。  

総量規制の対象になること

消費者金融であるモビットはもちろん総量規制の対象です。ただし、大きな金額の借入にはそもそも向いていないのが消費者金融です。総量規制の制限を気にする必要はないでしょう。

モビット
⇒モビットの公式サイトはコチラ