読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

キャッシングの30日間無利息サービスを使うならプロミスが良い理由

無利息期間とは、その期間の借入残高に対しての金利は0%というサービスです。

例えば30日間無利息となっていれば、

30日間は利息がかからず、その期間内に返済をすれば支払う利息は0円になります。

 

f:id:cardloan9:20160222122237p:plain ココは覚えておこう!

無利息期間にはその消費者金融や銀行カードローンによって条件開始時期が異なります。

30日間無利息となっていても、「まるごと」の場合もあれば「最大」の場合もあるということです。

まるごと30日間無利息と、最大30日間無利息では大きく異なります。

 

無利息期間を用意している代表的な消費者金融をみてみましょう。

 

プロミスの30日間無利息

条件

初めてプロミスを利用すること

Eメールアドレスを登録すること

書面の受け取り方法で「プロミスのホームページで書面を確認」を選択すること

 

適用開始日

初めての借入翌日から30日間

 

プロミスのEメールアドレス登録は、申し込みと契約時に連絡をとる手段として使われます。

普段使っている携帯電話のアドレスではなくてもフリーメールアドレスでもOKとのことです。(プロミスに確認済み)

また、ホームページ上で確認する書面はWEB明細です。

自宅に明細書が郵送されるのではなく、インターネットの会員ページ内で確認ができます。

 

アコムの30日間無利息

条件

アコムでの契約が初めて

返済期日35日ごとで契約

 

適用開始日

契約日翌日から30日間

 

条件は無駄なものはありません。

返済期日35日ごととは、返済日から数えて35日以内であればいつ返済をしてもかまわないという返済システムです。

例えば返済日から5日後に返済をすれば、またそこから数えて35日以内に返済をすることになります。

返済日が比較的自由に設定できることから利息節約には大きな効果があります。

 

f:id:cardloan9:20160222130920p:plain 2つの無利息、大きな違い

プロミスもアコムも、同じように30日間の無利息期間となっています。

条件もそれほど難しいものではありません。

むしろプロミスもアコムも利用することに便利な仕組みが条件に加えられています。

 

ただし、大きな違いが一つ。

それが「適用開始日」です。

 

プロミスは、初めての借入翌日から適用。

アコムは、契約翌日から適用。

 

つまり、プロミスであれば契約をした後、いつ借入をしてもその借入をしたときから30日間の無利息が適用されることとなります。

一方でアコムでは、契約翌日からの適用となるため初めての借入をしたときにはすでに30日間が経過しており無利息期間がなくなっていたということも十分にありえます。

 

もちろん即日融資を希望するときにはどちらにも大きな差はありません。

また、借入金額が少額であれば利息も小さなものとなり無利息期間の必要性が感じられないこともあるでしょう。

 

賢いキャッシングをするための一つの方法として、無利息期間の活用は考えておきましょう。