読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

原田まりるさんが「お金を借りる」を語る

ニーチェと哲学

近年、経済や哲学などをわかりやすく小説にした「教えてくれた系」が多く出版されています。その小説の一つがニー哲、「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のことを教えてくれた。」です。
哲学エンターテイメント小説とも呼ばれ、意外や感動ストーリーでした。哲学のジャンルの中で異例の大ヒット、重版、増刷で1万5000部の出版となりました。

 

表紙の少女漫画らしさとは良い意味で裏切られます。ニーチェといえば誰しもがその名を知っている哲学者。そもそも哲学とはなんであるのか。主人公である17歳の女子高生がニーチェをはじめとしたキルケゴールやショーペンハウアーなどさまざまな哲学者が京都に現れます。その姿は現代。例えばニーチェはスマホゲームの開発者であったり、キルケゴールはナルシストな読者モデルであったり。」


人が生きることの意味を追求する、偉人ともいえる哲学者。
実存主義の哲学者たちがそれぞれの哲学を女子高生に言葉として伝える、読む手が止まらない良本でした。

 

言葉のチョイスや話の流れに、深い意思と哲学をお持ちの方なのだろうと著者原田まりるさんをイメージします。

■原田まりるさんが「お金を借りる」行為を語る

興味深い記事を発見しました。原田まりるさんがお金について語っています。しかも「お金」ではなく「人はなぜお金を借りるのか」について。
本サイトではまさしく「お金を借りる」ことについて取り上げています。カードローンの使い方から借りることのメリットデメリット、適正な借り先など細かに解説をしてました。まずは同じ「人はなぜお金を借りるのか」ということを自分なりに考えてみます。

・自分なりに考察する

収入と支出のバランスが取れない、それが理由であることは間違いないと考えています。しかしそこにはさまざまな事情や環境があり、支出は変わっていないけれども収入が減ったということもあるでしょう。また突発的な支出が重なったということもあるでしょう。
比較的健全ともいえる「正しく生活していたのに」という理由を差し置いて考えるとギャンブルや浪費は思い浮かびやすいものです。

もう一つ、「計画的に借りる」ことも考えることができます。例えば自動車ローンはわかりやすい例でしょうか。

100万円の車を購入しようとして、貯蓄はそれを超える額があったとします。しかし、100万円を一括で支払ってしまうと貯蓄の残高が少なくなり、万が一何かお金が必要になったときに困窮することは予想できる範囲です。金利と月々の返済額を考えながら計画的な長期支出にすることもまた、人がお金を借りる理由になっているでしょう。

 

・原田まりるさんが考察する

一つ、原田まりるさんが挙げている言葉があります。ドイツの哲学者ショーペンハウアーの「富は海水に似ている。飲めば飲むほど喉が渇くのだ」という言葉。つまり、一度手中に収めた欲望は枯渇することなく渇き続けるということ。

計画的な借り入れではなく「欲望とお金」の関係について語っています。最後の一言、「欲望の満たすため、という理由でお金を借りるのは不自由のはじまりともいえるでしょう。」には考えさせられるものがありました。

 

xn--t8j6cm0if6169bud5f.com

■欲望を満たすための借金は不自由のはじまり

人は人の教えを学ぶ機会は多いものです。それは哲学者の偉人だけにかかわらず、人生の経験に基づいた教えであることもあります。「経験してみなければわからないよ」というのはその最たるものであり、経験したからこそ人に伝えれる言葉があります。

計画的な借り入れとは違った欲望による借金。それが不自由の始まりであることは間違いありません。お金を借りることは今の時代、難しいことではなくなりました。カードローンがあり銀行でも消費者金融でも年齢と安定した収入をクリアしていれば審査に通ることは難しくはありません。
借りる理由をよく考えなければならないということ。原田まりるさん、この方もまた哲学者でした。