読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

【借金相談】「お金をこれ以上借りないようにしたい・・・」解決方法は「自分ルール」を決める

キャッシングについて解説をしていると相談を受けることがあります。

その中から今回は、キャッシングが借金に変わってしまった方の相談です。

計画は立てたもののその通りに実行することがむずかしい、

自転車操業になってしまっている、

非常に多くの方が抱えている問題でもあるため今回は取り上げることにしました。

 

f:id:cardloan9:20160311100500p:plain 借りるクセを直したい

必要に迫られたキャッシングをしたものの、お金を借りる癖がついてしまいました。

返しては借りて、借りては返してを繰り返してしまいます。

このままではいつまでも借金が終わらずに将来が不安です。

借りない決意をしてもついつい借りてしまいます。

借り癖を直したいのですが・・・

 

キャッシングが借金に変わってしまった、実はよく聞くことです。

計画性のある借入はキャッシングと呼べるでしょう。

しかし、返済が負担になる、借りて返してを繰り返してしまう。

それではもうキャッシングと呼べず、借金といえるのではないでしょうか。

 

この相談だけでは問題が明確ではありません。

何が原因になっているのかを探るためにもう少し質問をしました。

 

Q:現在の借入件数、借入金額、借入余裕額を教えてください。

A:1社から30万円の融資限度額で満額借りています。

 

借入件数が1社のうちに相談ができたというのは大きなポイントです。

借り癖がついてしまったままで借入件数を増やすとその分、

新しい融資限度額を自由に使ってしまい借金は膨らむ一方です。

 

借り癖がついてしまった

この問題は実はキャッシングだからこそ起きるものです。

例えば目的に合わせたローンがあります。

多目的ローンや教育ローン、さらには自動車ローンや住宅ローンも目的に合わせた専用のローンです。

基本は「支払いをローンで行う」ものであり、

銀行などの金融機関が本来の支払先へ「支払いを代行」します。

代行してもらった支払いを今度は銀行に返済という形で行うこととなります。

 

一方でキャッシングの場合、「決められた融資限度額の範囲を自由に借り入れができる」ものです。

10万円を借りたいと申し込みをしても、30万円の融資限度額が決まったとすれば

残りの20万円はいつでも自由に借り入れることができます。

また、30万円まで借り入れたとしても、1回返済をすればそこにわずかな借入余裕額ができます。

わずかな余裕額ではありますがそこからまた借入もできます。

自由な借り入れが借り癖をつける結果になることもあるでしょう。

 

Q:つい借りてしまう、そのときの理由はありますか?

A:はっきりしたものはありません。ちょっとお金が足りないのではないかと思ったときにちょくちょく借りてしまいます。

 

現在のカードローンは借入方法が豊富です。

消費者金融の借入方法を見てみましょう。

f:id:cardloan9:20160320084818p:plain

24時間対応の振込キャッシングはもとより、コンビニATMを利用すれば24時間いつでも借り入れができます。

実は「カードを使った借入」が「銀行口座からの引き出し」に似ていることによって

ATMから引き出すお金は「自分に与えられたものと錯覚」することが少なくありません。

借りたら返す、その基本を忘れがちです。

 

Q:借り入れるときにはいくらほど借りていましたか?

A:1万円から5万円程度ずつだったと思います。

 

明確ではありません、ここも大きな問題です。

必要最低限に抑えなくてはならない、これはキャッシングの基本中の基本です。

 

知らなかった必要最低限

お金を借りるときには必要最低限であることが必要です。

例えば今どうしても必要な金額が3,000円のとき。

キリのいいところで。

念のため。

余裕を持って。

さまざまな理由をつけては5,000円の借入にしたり10,000円の借入をすることがあります。

これがもう必要最低限ではありません。

3,000円が必要なときには必要最低限は3,000円です。

 

f:id:cardloan9:20160315133522p:plain 必要最低限に抑えること

非常に単純なことですがキャッシングの基本は必要最低限の借入にとどめることです。

自分にルールを決めることもまた有効な手段になります。

今回相談者に提案した「自分へのキャッシングルール」はこのようなものがあります。

 

・1度の借入を完済するまで次の借入をしない

・借入残高は常に10万円を超えない

 

どちらのルールでもかまいません、できると感じたルールを使うことを勧めました。

まだ、借入件数が1社の状況です。

複数になる前の相談で、本当に救われたと感じました。

 

毎月の返済額を調整したり、

利息を計算したり、

返済方法を考えたり、

もちろんそれらも非常に重要なことです。

 

しかし一度ついてしまった借り癖を直すことは容易ではありません。

簡単でありながら効果的なルールを作るとよいでしょう。