読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

カードローン審査が行われる目的とは?逆の立場で考えてみる

消費者金融でも銀行カードローンでも、

申し込みをすると必ず審査が行われています。

「審査無し」「無審査」を謳っているのは闇金融でしかありません。

法律に基づいた融資を行うカードローンでは必ず審査があります。

 

f:id:cardloan9:20160225231819p:plain そもそも審査は何のために行われる?

簡単に言えば「貸す側のリスクを軽減するため」に行っているものです。

返済が行われない可能性があるのであれば当然貸し付けることはできません。

 

f:id:cardloan9:20160301221204p:plain逆の立場で考えてみよう

自分が貸す側とします。

借金の申し込みをまったく知らない人物から受けたとしましょう。

当然、赤の他人から借金の申し込みがあれば断るはずですが、貸すことを前提として検討しなければならないとします。

 

お金を貸すことを検討しなければならないとすればどうするでしょうか。

問題は「貸したお金を責任を持って返せるのか」になるでしょう。

 

そのためにはどうしたらよいでしょうか。

身分証の提示を求めるでしょう、どこの誰かが明確でなければ貸すことはできません。(←本人確認書類の提出)

もちろん連絡先も聞き、勤め先も聞くでしょう。(←申込書への記入)

収入がなければ返すこともできません。

貸す金額が少額であればそれほど細かくは聞かないかもしれませんが、

返すことが心配になるほどの金額であれば収入を証明してもらうことになるでしょう。(←収入証明書類の提出)

だますつもりではないのか、それを不安に感じて勤務先に電話をかけて在籍していることも確認するかもしれません。(←在籍確認)

これまでに誰かに借金したことがあるのか、他に借金はあるのかも知りたいところでしょう。(←個人信用情報機関への照会)

誰かに借金しているのであれば自分に返済するのは後回しにされる可能性があります。

また、これまでの借金で返済が遅れがちだったり踏み倒しをしているようであれば貸すことに不安を感じます。

毎月いくらなら返済ができるのか、いつまでに返済ができるのか、それによって相手が希望する金額が貸せないこともあるでしょう。

十分に確認をしてこのくらいなら返してくれるだろうと推測できる金額になるはずです。(←融資限度額の決定)

 

こうして逆の立場、つまり貸す側の気持ちになって考えてみるとなぜ審査が行われるのかがみえてきます。

 

返済が可能と考えられる適切な融資限度額を決定することと同時に、

貸す側のリスクを回避するために審査が行われています。