読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

バンクイックで絶対失敗しない返済方法を考える

バンクイックのメリットといえばなんでしょうか。

安心のメガバンク、即日融資、ATM利用手数料無料、返済額が低い。

ざっと挙げただけでもこれだけが思い浮かびます。

 

cardloan9.hateblo.jp

 

バンクイックの利用で注意したいのは、実は大きなメリットともなっている返済額です。

ここで失敗をしてしまえば大きなメリットのはずの返済額に苦しめられることになります。

 

f:id:cardloan9:20160322220323p:plainちょっと待って!返済額は低ければいいの?

少額の借り入れであればバンクイックは返済額はカードローン業界でも最安です。

例えば10万円の借り入れで消費者金融であれば最低返済額4,000円~5,000円です。

銀行カードローンになると幅があり、高いところでは10,000円の返済額になります。

 

それではバンクイックの返済額をみてみましょう。

f:id:cardloan9:20160313164253p:plain

 

10万円以下の借り入れであれば返済額は2,000円です。

 

ただし、覚えておいてもらいたいのは2,000円が返済額ではなく「最低返済額」である、ということです。

 

最低返済額とは?

最低限支払わなければならない返済額、それが最低返済額です。

それ以上返済をすることは自由であり、返済額は最低返済額以上で調整ができます。

 

f:id:cardloan9:20160222130920p:plain返済額の違いは何の違い?

返済額が少ないこと、これは決してメリットばかりではありません。

例えば10万円を2千円ずつ返済することと、1万円ずつ返済することではどうでしょうか。

単純計算でも2千円の返済であれば50回、1万円ずつなら10回の返済になります。

これで返済回数、つまり返済期間が違うことがわかりました。

 

ただし、10万円の借り入れで10万円を返せば良いというものではありません。

そこには金利があり、利息が加算されています。

 

利息=借入残高×金利÷年間日数×利用日数

 

注目したいのは利用日数。

なぜなら「1日分の利息を利用日数分支払う」ことになるからです。

つまり、利用期間(返済期間)が長ければ長いほどにその日数分の利息を支払わなくてはなりません。

 

それでは今度は、実際にシミュレーションしてみましょう。

※バンクイックの金利は10万円借り入れ時では14.6%になります。

 

10万円を金利14.6%で借り入れ、2,000円ずつ返済をした場合

f:id:cardloan9:20160502131520p:plain

 

10万円を金利14.6%で10,000円ずつ返済した場合

f:id:cardloan9:20160502131740p:plain

 

大きな違いとなったのは「返済回数」「利息支払い総額」です。

f:id:cardloan9:20160502131959p:plain

利息には47,683円もの違いが出てきました。

返済額を少なくすることは決してメリットばかりではありません。

 

それでは返済額が小さいことをどのように活用すればよいのでしょうか。

 

f:id:cardloan9:20160315133522p:plain 最低返済額が小さいバンクイックの活用方法

最低返済額が小さいこと、それがバンクイックのメリットではありません。

返済額を調整できることこそバンクイックのメリットです。

 

例えば毎月1万円の返済を行い、どうしても返済が難しいときには最低返済額でもよいでしょう。

臨機応変に対応できることによって、バンクイックの返済は滞りなく行うことができるはずです。

 

返済額が高ければ、用意が難しいときに「遅延」の可能性が出てきます。

無理をして生活に支障をきたすことも考えられるでしょう。

 

返済額を調整しながら無理のない返済を臨機応変に行えること。

それがバンクイックのメリットです。