読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

債務整理は本当の最終手段?

どうしても返済ができなくなったとき、思い浮かぶことの一つに「債務整理」があります。

ただしこれは最終手段として考えなくてはなりません。

契約に反することだと認識しましょう。

 

f:id:cardloan9:20160222122237p:plain ココは覚えておこう!

カードローンに申し込みをすると融資を受ける前に契約をしなくてはなりません。

契約書、その効力の意味は社会人であれば当然お分かりでしょう。

カードローンの契約書にはさまざまな規定があり、ルールが記載されていますが基本は「借りたお金は返済日までに必ず返すこと」です。

債務整理は、法律の力で債務者が一方的に減額もしくは帳消しにする手続きです。

貸す側である債権者にとってメリットのあることではないと同時に、契約を保護にする利用者としてその認識は共有されることとなります。

 

個人信用情報機関に記録される情報になる

個人信用情報機関にはさまざまな情報が登録されています。

3つある個人信用情報機関に加盟している消費者金融や銀行などが情報を提供したり照会することができますが、

唯一3つの個人信用情報機関で共有される情報があります。

それが異動情報です。

 

異動情報とは

いわゆるブラックと受け取ってかまいません。

契約に大きく反する行為を行った場合、移動情報に登録されてしまいます。

・3ヶ月以上の返済の遅延

・強制解約

・代位弁済

・債務整理

これらが異動情報となります。

ご覧になってもわかるように、返済をしないことが悪質と判断される理由です。

 

異動情報が登録されると、その情報が掲載されている期間は審査に通ることはありません。

消費者金融、銀行カードローンのキャッシングはもちろんのこと、

住宅ローン、目的別ローン、教育ローンなど、ローンのつくものは全て、

そしてクレジットカードや携帯電話の契約も審査に通ることはできません。

 

詳しくはこちらで個人信用情報機関について解説しています。

cardloan9.hateblo.jp

 

f:id:cardloan9:20160225231519p:plain債務整理を選択する基準は

大きなリスクを伴う債務整理ですが、どのような場合にも選択するべきではない、というものではありません。

最終手段として考えなくてはならない場合も出てくるでしょう。

その基準のひとつとして、「このまま返済を続けていくと生活が破綻する」状況になっているときに債務整理を検討しましょう。

 

債務整理には大きく分けると3つの方法があります。

・任意整理

・個人再生

・自己破産

また、2010年以前からの債務がある場合には貸金業法改正以前の過払い金がある可能性もあります。

・過払い金返還

 

まずはおまとめローンを利用して借金返済の目処をつけられるかどうかを調べてみましょう。

それによっては債務整理を逃れることができるかもしれません。