読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

信用問題に傷がつくって本当?個人信用情報機関に掲載される情報ってなに?

信用に傷がつく。

さまざまな意味合いで使われているこの言葉、最近では「本当の信用問題に傷がつく」として使われることがあります。

信用問題とはすなわち個人信用情報機関に登録されている情報です。

 

f:id:cardloan9:20160222122237p:plain ココは覚えておこう!

個人信用情報機関に掲載される情報は非常に細かになっています。

ここに情報が載ったこと、それが信用に傷がつくことではありません。

個人信用情報機関に掲載される情報にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

f:id:cardloan9:20160301233957p:plain

 

実に細かに分かれています。

これらが掲載されていること、それは信用情報に傷ではありません。

単純に信用情報の登録です。

 

個人信用情報機関に集められている情報は確かに債務にかかわるものです。

ただし、消費者金融、銀行カードローンだけではなく

住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードや携帯電話の利用など多岐にわたっています。

 

つまり、社会人として生活している方で個人信用情報機関になんの情報も記録されていないというかたは少ないでしょう。

 

またキャッシングの履歴があってもそれは、確実に返済をしている場合にはマイナスの情報とは限りません。

 

f:id:cardloan9:20160302230000p:plain 一度の遅れも傷になる

個人信用情報機関にどのような情報が掲載されていても無傷というわけではありません。

はっきりとした傷になることもあります。

 

個人信用情報機関には実は非常に細かな返済状況が記載されているところもあります。

毎月の返済について「入金があった」「未入金」というだけではありません。

未入金だったとしても連絡して返済をしなかったのか、それとも無断で放置したのかという情報まで記録されています。

 

一般的には3ヶ月以上の返済の遅延が傷になるとされていますが

実際には毎月の返済記録も残されており「一度の返済の遅れ」でも記録されています。

 

f:id:cardloan9:20160302230000p:plain 大きなトラブルが深い傷を残す

異動情報、ブラックとも呼ばれる深刻な傷もあります。

・3ヶ月以上の返済の遅延

・強制解約

・代位弁済

・債務整理

共通するのは契約どおりの返済を遂行しなかったということです。

 

債務整理は裁判所を通す方法もあるため、悪影響になるものではないと考えられます。

ところが逆の立場、つまり貸す側に立ってみると

債務整理であろうが返済の遅延であろうが「約束の返済額を約束の日までに返済しなかった」となります。

 

個人信用情報機関に情報が掲載されることが信用に傷がつくわけではなく、

契約にのっとらなかった場合にその情報が傷として残ります。