読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンのすべて│本気のおすすめ情報を生配信!

カードローンに関するあらゆる情報を日々徹底調査・発信しております。

総量規制対象外のカードローンはイイもの?

総量規制対象外

総量規制を聞いたことがあるでしょう。「個人が貸金業者から借入ができる上限は、年収の3分の1まで」としているものです。

総量規制の対象は?

貸金業者からの借入に限られているものであり、総量規制とは「消費者金融などの貸金業者に対する法律」です。貸金業法の中に、総量規制があるということです。そのため総量規制の対象になるのは、貸金業である消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など。

反対に、銀行カードローンやクレジットカードのショッピング、住宅ローンなどは総量規制の対象ではありません。

総量規制対象外っていいこと?

よく見かけるのは「総量規制対象外」の言葉。果たして総量規制の対象外であることが大きなメリットになるのかどうか、考えて見ましょう!

年収の3分の1が上限になる、これをまずは考えてみます。

f:id:cardloan9:20160226112756p:plain

年収が300万円とすると総量規制で借入ができる上限は100万円までとなります。もちろん審査がありその範囲いっぱいを借り入れることはできませんが、複数社から借入ができたとしても限度は100万円、ということになります。

問題はこの100万円が多いのか?少ないのか?

カードローンの使い道として「短期間に返済可能なキャッシング」が基本です。目的があり、例えば学校の入学資金であったり、引越し費用であったり、旅行費用であったりなどの明確な資金使途が決まっている場合には多目的ローンや目的別ローンを利用します。

そのため、カードローンは金利を考えてもすぐに返済ができるキャッシング(突発的理由の借入)に使うものです。

年収の3分の1は多いのか少ないのか

年収が300万円で100万円の借入となれば返済ができやすくも感じるかもしれません。

しかし、月収で考えるとどうでしょう。ボーナスがないと考えて、300万円の年収では月収25万円です。25万円の月収で、生活費や将来のたくわえが必要になる中で借金100万円とは簡単な数字ではないことがわかります。

総量規制の対象になるかどうか、それはカードローンを利用する際の大きなチェックポイントにすることはないでしょう。

実は銀行カードローンはもっと低い?

銀行カードローンは貸金業ではないため総量規制の対象ではありません。総量規制対象外と呼ばれることがありますが、そもそも総量規制とは全く関係ないところにあります。

さて、それでは借入金額に決められた制限はないのでしょうか?

銀行では法律で決められた融資額の制限はありません。しかし、返済比率があり、カードローンにおいて返済が可能とされるのは年収の25%程度とされています。

総量規制は年収の3分の1、つまり33%です。それに比べると銀行カードローンの融資額の目安は消費者金融よりも低いであろうということが推測できます。

ココは覚えておこう!

総量規制対象外であることがメリットになる場合もあります。例えばおまとめローンです。大きな金額を借り換える、まとめるときには総量規制にとらわれない柔軟な審査が求められます。

cardloan9.hateblo.jp

保存

保存

保存